ダイエットするなら絶対乗り切りたい停滞期について

 

ダイエットの話題では停滞期のことも挙がりやすいです。

 

絶対乗り切りたいとは思うでしょうから、それについて書きます。

 

停滞期とは

 

ダイエットすれば必ず停滞期が来るわけではないことを、まず挙げておきます。

 

停滞期が起こるのかどうかは、考え方次第といった一面があるからです。

 

ダイエットでの停滞期を感じるケースというのは、体重の増減で結果を計っている場合でしょう。

 

何キロ減った、だから効果ありとの判断ですから、体重の減りが見られなくなれば、効果が出てないとの判断にもなってしまいます。

 

その際に思い出して欲しいのは、人間には急激な体重の減少を防ぐための機能があり、それが体重の減りを和らげてしまうことです。

 

急激な体重減少を防ぐ機能は、具体的にはホメオスタシス機能というものです。

 

栄養の吸収を上げつつ、カロリーの消費は小さく抑える機能です。

 

充電集中プラス省エネモードになる、とイメージすれば分かりやすいかもしれません。

 

体重を減らさない機能が活きているわけですから、減量できずにダイエットの効果が弱くなった、と感じる場面が出てきてしまうのです。

 

この際にもっと効果を得ようと、無理なダイエット方法に変えてしまうことは起こりやすいでしょう。

 

この時点では、食事をもっと減らしたり運動を増やしたりしても、体を傷めるだけで効果はありません

 

体重を増やさないこと、それに考え方を変えるのが重要であり、それが停滞期を乗り切る秘訣です。

 

考え方次第で「停滞期」はなくなる

 

ダイエットに取り組む際に、その考え方次第では停滞期さえ感じることはありません。

 

例えば、今より太らないことを目的にしているのであれば、体型が維持されている以上は効果が出ていると常に感じるはずです。

 

だらしない体型になりたくないからと言うのであれば、そうでない限りは常に効果を感じているわけです。

 

どんなつもりでダイエットに臨むのかによって、絶対乗り切りたい停滞期、そんなものが生じることさえありません

 

基本的にダイエットは苦しみながらやるものではなく、もっと気軽に行うべきです。

 

そうでないから長続きもせずに挫折してしまうのです。

 

例えばいつも腹八分目に抑えている、といった単純なことでも、充分ダイエットに当てはまることを付け加えておきます。

 

まとめ

 

ダイエットの際に体重の増減で効果を計るのであれば、人間本来の保護機能で停滞期を感じることになるでしょう。

 

その際には体重を維持することに考えを変えるのが、乗り切る秘訣です。